出会い系サイトでの成功はメールで決まる

出会い系サイトではライバルはとっても多いです。メールの書き方一つでその中から選ばれるかどうかが決まります。まずは最低限度守らなければいけない、メールを書く上での常識を学んでおきましょう。

出会い系サイトでの女性に向けた最初のメールは非常に大切です。女性には男性から大量のメールが届きますので、その中からどうやって「選ばれる」メールを書くか、これが出会い系サイトでの大きな勝負になります。

まず、絶対に気を付けなければいけない点、それは、出会い系サイトの世界でも一般社会と同様、マナーが悪い人は嫌われるということです。堅苦しいメールを送る必要はありませんが、友人に送るのとはワケが違います。出会い系サイトでは相手の顔が見えないかもしれませんが、メールを送る相手は1人の普通の女性なのです。

以下、基本的なメールの書き方の基礎知識です。

30字〜35字くらいで改行をする

これは出会い系サイトとは関係なく、どんなメールを書く場合でも基本です。必ず35字程度で改行を入れるようにしてください。

半角カナは使わない

これもメールを送る場合の基本。文字化けの原因になります。最近は文字化けすることも少なくなってきましたが、やはり使わない方がいいです。

わかりやすいタイトルをつける

相手に読んでもらえるかどうか、このメールのタイトルで決まるといっても過言ではありません。特に出会い系サイトの場合、ほとんどの人が「はじめまして」というタイトルでメールを送っています。同じタイトルでは埋もれてしまいますよね?何でもいいでから、多少は違った一言を添えたタイトルにしましょう。

自己紹介を必ずする

「はじめまして。○○と申します。」これは、出会い系サイトに限らず、どんな場合でもメールの常識です。

あせらない

出会い系サイトで多いのが、すぐに「会おう」、「今週ヒマ?」などという人です。女性の気持ちを考えてみてください。何も知らない人からいきなり「2人で会おう。」といわれたら怖くないですか?早く会いたいという気持ちはわかりますが、何事にも手順が必要なのです。まずはメールでしっかりお互いのことを分かり合って、そして会うという順番になります。

常識的な言葉遣いをする

顔文字は多用しない。ギャル文字は使わない。 何通かメール交換して、お互いを理解してからにしてください。

上記の6点はあくまで、基本中の基本です。実際にどのように最初のメールを書けばいいのか、メールの書き方Aで説明していきます。